グランドスクリュー施工時に必要なスクリューアタッチメント発売中!!

オ​フ​グ​リ​ッ​ド​シ​ス​テ​ム​

なぜ、いまオフグリッドシステムが注目を集めているのでしょうか?

エネマンは、医療施設・社会福祉法人・中小規模の工場向けに16kWh~72khまで幅広い用途に蓄電池システムをカスタマイズが可能な産業用蓄電池の総合システムです。

「eneman」を利用すれば、太陽光や風力、交流電流などの電気を受け取ることができ、変電所のように電気をコントロールすることができることが大きな特徴で、電力会社のグリッド(送配電網)に依存しないことから「オフグリッド」独立電源システムと呼ばれています。

主に太陽光発電を主電源として開発されたシステムなので、現在、設置されている太陽光発電にも接続可能です。どんな場所でも「安定した電源」を確保できるようになります。このシステムを導入することにより、太陽光などで発電したエネルギーを蓄電池に蓄え、電気機器の電源として利用できるようになります。

このシステムの導入により、緊急時においても、24時間365日安定供給ができるという2つの大きなメリットを得ることができるのです。

 

注目を集めているコスト削減の効果とは?

 

オフグリッドシステムを導入する大きなメリットは他にもあります。たとえば、夏場のある時間帯だけ多くの電圧を使用するような場合でも、夏場の最大出力に合わせて電気代の年間の基本料金が設定されてしまうため、さほど電力の消費がない季節でも最大出力に合わせて基本料金を支払っています。システム導入を導入することで、夏場のその時間帯のみの不足分を内部でまかなうということも可能になることから電気の基本料金を下げることが可能になるため、年間を通じて経費を抑えることが可能になります。これが、オフグリッドシステムが注目されている大きな理由の一つになっており、導入する企業が増えています。